トラブルが起きたら慌てず、騒がず静かに対処をしましょう。こまめなバックアップが肝心です。

カッコよさにこだわるパソコン選び

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラブルは背中合わせ

いつ起こるかわからないのがパソコンのトラブルです。
パソコンを使い慣れている人でもトラブルが起きると少しびっくりしてしまいます。
トラブルの対処法としてはこまめにデータを保存することとリカバリーの手順を覚えておくことです。
大半のトラブルはデータをこまめに保存することによってパソコン自体が保存したところまでを記憶していることもありますが万が一のことに備えてUSBメモリーなどに保存しておくと安心でしょう。
先ほど書いたリカバリーについては最終手段です。
なぜ最終手段なのかといえばリカバリーはパソコンを出荷時の状態に戻すことです。
要するにリセットなのですがパソコンの中にある情報がすべてきれいになくなるため、ゲームのように気軽に行うことではありません。
最近のパソコンは不具合が起きた時に診断ができるアプリケーションが入っています。
(セキュリティソフトとは別物です)診断によってリカバリーが必要となったら画面に表示される手順に沿って作業をしてください。
機種により違いがあるのですがリカバリーディスクが必要になります。
少し前のパソコンにはパソコン本体にリカバリーをするために必要なCD-ROMが同梱されていましたが今ではパソコンを購入したらパソコンの中にあるリカバリーに使うプログラムを自分でデータ保存専用のCD(またはUSBメモリー)に保存するという方法がとられています。
またハガキ製作ソフトやofficeソフトといったアプリケーションもバックアップが必要になるかもしれません。
家電量販店などでパソコンを使うときに必要なソフトは売っています。
売っているものはCD-ROMなのでバックアップは必要ありません。
バックアップが必要なのはソフトを販売している企業のWebサイトからダウンロードした場合です。
ダウンロードしたソフトはパソコンの中に保存されますがバックアップはありません。
ダウンロードしたらすぐにバックアップ用にCDやUSBメモリーに保存しましょう。

Copyright (C)2017カッコよさにこだわるパソコン選び.All rights reserved.